MOVIE

【NYが舞台の映画】私がクマにキレた理由(わけ)

スカーレット・ヨハンソンが、ニューヨークのアッパーイーストサイドの家庭でナニー(子守)を演じる、「私がクマにキレた理由(わけ)」という映画について書いてみようとおもいます。ロケ地もご紹介!

原題は、「The Nanny Diaries」です。

「私がクマにキレた理由(わけ)」の登場人物

アニー・ブラドック

「大学を卒業したばかりの白人女性=就職には困らない」といわれるものの、自分が何をしたいか?わからないアニー。
※人種差別のようにも聞こえますが、劇中でこう表現されていたのでそのまま書きます

スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)

Mrs.X (アレクサンドラ)

超高級住宅地、アッパーイーストサイドに住むセレブ妻。

ローラ・リネ(Laura Linney)

Mr. X (スタン)

多忙であまり家にいない。育児に関しては妻に任せきり。

ポール・グラマティ(Paul Giamatti)

グレイヤー

Mr & Mrs Xの一人息子。
ちょっぴりわがままだけど素直な子供。

ニコラス・アート(Nicholas Art)

ジュディ・ブラドック

シングルマザーでアニーを育てた母親。
アニーの将来を期待している。

ドナ・マーフィー(Donna Murphy)

リネット

アニーの親友のひとり。良き相談相手。

アリシア・キース(Alicia Keys)

ヘイデン

名門ハーバードにかようイケメンで、Mr&Mrs Xの隣の部屋に住んでいる。

クリス・エヴァンス(Chris Evans)

「私がクマにキレた理由(わけ)」のストーリー

大学卒業後、自分探しへ

アニーは、大学卒業後、就職活動に打ち込んでいました。

しかし、「あなたはどんな人間ですか?」と聞かれた際に、全く答えられない自分がいました。

そして、面接を抜け出してしまいます。

公園で考えごとをしているときに、Mrs.Xとグレイヤーに出会い、住み込みでナニー(子守)をすることに。

ナニー(子守)として奮闘

未経験ながらナニーとして奮闘するアニー。

セレブの生活に戸惑いながらも、グレイヤーとの距離を縮めていくアニー。

ナニーを通じて、自分自身や幸せについて考える日々を送ります。

「私がクマにキレた理由(わけ)」の名言

本当の自分を知るためには?

There’s a common belief among anthropologists that you must immerse yourself in an unfamiliar world in order to truly understand your own.
[訳]人類学者の間では、本当に自分を理解するには、見知らぬ世界に身を置き没頭するべきだという共通の考えがある。

この言葉で、まさに留学してすぐに感じたことを思い出しました。

「見知らぬ世界」に身を置くことで、自覚がなかった自分自身の長所や短所を知ることができ、新たな発見があったりします。

自分を見失ったときに思い出したい言葉です。

「私がクマにキレた理由(わけ)」のロケ地

セントラルパーク

アニーが初めてMrs.Xとグレイヤーに出会った場所。
Glade Arch, Central Park, Manhattan.

アニーが迷子になる場所

アニーが面接へ行く前に迷子になってしまった場所。
Washington Street and Desbrosses Street, Manhattan.

Mr X のオフィス

180 Maiden Lane and Front Street, Manhattan.

アメリカ自然史博物館

アニーとグレイヤーが遊びに行った場所。
Central Park West and 79th Street, Manhattan.

子供向けかな?とおもわれがちですが、大人も楽しめるのでぜひ行ってみてください😌

アメリカ自然史博物館♡入場料,所要時間は?ナイトミュージアムで有名!ずっとずっと行きたかった「アメリカ自然史博物館」❣️❣️ いろいろな展示が...

Mr & Mrs X のアパートメント

2 East 70th Street and 5th Avenue, Manhattan.

メトロポリタンミュージアム&アート

アニーがデートで訪れる場所。
1000 5th Avenue and East 82nd Street, Manhattan.

「私がクマにキレた理由(わけ)」で感じたこと

自分らしさって何?

「自分らしい仕事」をしていますか?

自分が属していないグループや環境にいくことが、自分自身を見つめるきっかけになったりします。

自分が知らない世界にいくことで学ぶことがとても多いため、私は旅行が大好きです♪

知らない環境で、初めて出会う景色、食べ物、人々に出会い、感性を磨きながら自分と向き合う時間がとても贅沢だと感じます。

旅行にいけないときは、図書館でゆっくり伝記などの本を読み、先人の生き方から学んだりしています。

「自分らしさ」がわからないときや、嫌な上司に悩まされていたり仕事でいきづまっているときに、おすすめの1本です。

3+