MOVIE

【NYが舞台の映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

9.11に関連する映画のひとつ、「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は私の中でもとても印象に残っている作品です。ロケ地や、いいなと思った名言なども紹介。

※ネタバレがありますので、ご了承のうえ、お進みください。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の登場人物

オスカー・シェル

主人公。「アスペルガー症候群の疑い」を消しきれない少年。
自分が他人とはすこし違うことを自覚している。
(トーマス・ホーン)

トーマス・シェル

オスカーの父親で、9.11により亡くなる。
(トム・ハンクス)

リンダ・シェル

オスカーの母親。
(サンドラ・ブロック)

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のストーリー

2001年の911のテロで、父親を亡くしてしまった少年オスカーが主人公。

よく父親と謎解きをしていたオスカーは、父親の死後、父親のクローゼットで鍵をみつける。

鍵には、「Black」と書いてあったことから、ニューヨーク中の「Black」さんを探し歩くオスカー。

彼には電車、橋など怖いものがたくさんありましたが、少しずつ克服していきます。

どの“Blackさん”も、オスカーを冷たくあしらうことはありませんでした。
それは母親リンダのある行動からでした。映画の最後で、オスカーがそれを知ります。

母親の愛情がとても深く、感動しました。

彼がひとりで探し求めた謎解きの答えと、そのときオスカーが得たものとは?

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の名言

人との違いは才能である

“My dad said the way I saw the world was a gift – that I was different than everyone else.”
「お父さんは、僕の世界の見方は才能だといった。それが自分と他の人との違いだと。」

テストを受けて「アスペルガー症候群の疑い」を消しきれなかったオスカー。
オスカーのことを肯定的に受け止め、褒める父親の愛情がつまった言葉だと思います。

理不尽なことも起こる

父親の死を受け入れられないオスカーと、受け入れなければいけないことがわかっている母親リンダ。

リンダの言葉は、葛藤しながらも受け入れようとしている様子が伝わりました。

“It’s never going to make sense because it doesn’t!”
「(この先も)道理にかなうことなんてない!だって道理にかなわないから!」

Make sense:道理にかなう、意味をなす、つじつまが合う、筋が通る

※この意味に関しては、私はあまり日本語に置き換えたことがないので、いまいちぴったりくる日本語がわかりません…。
私にとっては、しっくりくる、腑に落ちる、のような感覚です。

見つける価値

トーマスがオスカーに伝えた言葉。

“If things were easy to find, they wouldn’t be worth finding.”
「もし見つけるのが簡単なモノだとしたら、それは見つける価値がない。」

何かを探し求めているときに、思い出したい言葉です🧡

恐怖と向き合うこと

トーマスがオスカーに伝えた言葉をオスカーはしっかり覚えています。

“Dad said, sometimes we have to face our fears.”
「お父さんは、『私たちは時々恐怖と向き合わなければいけない』と言った」

向き合いたくなくても、向き合わなければいけない時がありますよね。

誰もが何かを探している

オスカーが最後に語っている言葉に、オスカー自身の変化を感じ取ることができます。

“Maybe everybody’s looking for something.”
「きっと、だれもが何かを探している」

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のロケ地

シェル家(マンション)

215 West 98th Street and Broadway, Manhattan.

セントラルパーク

オスカーがタンバリンを持って岩を登っていたり、ブランコをしています。
このブランコは、「父親も小さい頃よく遊んでいた」という設定。

マンハッタンブリッジ

オスカーが意を決して、タンバリンを鳴らしながら走る様子が撮られた場所。
恐怖をひとつ、克服した大事な場所です。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の感想

ニューヨークに住む身として感じることといえば、

  • 9.11の傷跡
  • ニューヨーカーの暖かさ

です。

9.11の傷跡

世界的にみても衝撃を受けた人が多いであろう、9.11。
まだまだ深く傷が残っており、PTSDに悩む方も多いそうです。

日本で報道されていなかった(とおもわれる)詳細情報を知ることができ、ワールドトレードセンターの柱(実物)なども見ることができるので、ぜひ機会があれば訪れてみてください。

9/11 memorial〜世界同時多発テロ跡地へ行ってきたずっとずっと行こうとおもっていた9/11メモリアルにやっと行くことができました。 9/11メモリアル〜入場無料について〜 火曜日...

ニューヨーカーの暖かさ

「ニューヨーカーは冷たい」「意地悪」などと聞くことが多いですし、私も最初は都会だから心配していました。

ニューヨークで生きていくのはとても厳しいです。
物価はとても高いですし、解雇は日常茶飯事。

ただ、人は優しいです、本当に。
困っているとすぐに声をかけてくれる人がたくさんいます。

そんなニューヨークの人々の様子も伝わるかなと思います😊

お互いに様々な傷を抱えながら、一生懸命に前へ進もうとする相手を思いやる姿がとてもあたたかい作品です🧡

 

4+