BEACH

NYコニーアイランドの歴史・行き方・治安は?ノスタルジックで写真映え

夏のニューヨーカーの憩いの場といわれる、「コニーアイランド」。歴史、行き方、治安について書いていきます。ノスタルジックな雰囲気があり、少し古い遊園地や、ホットドッグ早食い選手権で有名なNathan’sもあります🌭さまざまな映画やドラマの撮影地にもなっています。

ニューヨーカーの憩いの地、コニーアイランド

コニーアイランドは、Brooklynの端にあり気軽に日帰りで行けるビーチです🌴💕夏になると、ニューヨーカーがこぞって遊びに行く場所でもあります。富裕層の方はハンプトンに行きますが…。

コニーアイランドの歴史

ネイティヴアメリカンがいた場所を、オランダ、そしてイギリスが統治しConey Islandという名前になりました。昔はうさぎが多く生息していたようです🐰

都市開発が行われ、アミューズメントパークや水族館ができ、リゾート地となりました。
現在では、リゾート地の雰囲気はなくなってしまいましたが、レトロな町の雰囲気が人気です💕

昔は島でしたが、1930年代と1960代にコニーアイランド川が埋められて陸続きになりました。

コニーアイランドへの行き方

D/F/N/Qラインの終点です♪ブルックリンハイツ(ブルックリンブリッジあたり)から約2時間弱かかります。

ホットドッグの早食い競争「Nathan’s」が有名

img0012

駅を降りたら目の前に、有名なホットドックの大食い競争のお店、「Nathan’s」があります。お店がとても大きくてびっくり!

ちなみにHotdogは$6だったかな?高いですが、食べてみたい人はぜひ!ちなみにマンハッタンにも店舗があります。

ノスタルジックな遊園地

ルナパークはなんだかレトロな雰囲気満載のアミューズメント施設。

中に入ってあそぶほど魅力的なものがあるわけではないですが、ちょっとノスタルジックな雰囲気がフォトスポットとしても人気💓

コニーアイランドの持ち物

img0008

コニーアイランドに行くなら、絶対に持っていくべきなのが

  • ウェットティッシュ
  • シート

ビーチに長居したいなら必須アイテム♪

  • 食べ物
  • サングラス
  • 日焼け止め

ご飯や飲み物は、現地で購入したり食べたいならそれでも良いと思いますが、スナックとかは持って行ったほうがいいかなーと思います。

ビーチから買いにいくのはめんどくさいし、すべて割増料金だから結構高いです…。

他には、

  • 羽織物(パーカーなど)
  • タオル

昼間は太陽が出ているから暖かいですが、陽が落ちると潮風がとても冷たいです。

コニーアイランドへ行く際の注意

コニーアイランドへは、大人数でいくのがおすすめ★

トイレは近くにあるけどあいてなかったりするので(アメリカあるある)、荷物みててくれる人とトイレ行く人と…って分担するのがおすすめです。

男女で複数いたほうが楽だとおもいます~☺

私たちは、コニーアイランドついたのが15時くらいで結局19時くらいまで遊んでました💕

img0018

夕焼けもとってもきれいだったから、デートにもいいなあって思いました💕

昼間は家族連れや、わんちゃん連れも多かったです🐶

コニーアイランドの治安は?

img0017

やはり日が暮れる前に帰るのをおすすめします。(私たちは人数が多かった&日が暮れてからは寄り道せずすぐ駅に向かい帰りました)

人が少なくなってくることや、海沿いから少し離れてしまうとお店なども多くないので暗いです。

駅から離れたところへいくのであれば、明るいうちにいくことをおすすめします。

コニーアイランドで撮影された映画・ドラマ

Men in Black 3

エージェントJが1969年に戻り、エイリアンが友人のエージェントKを殺すのを阻止した場所の撮影はコニーアイランド。

「アイ・フィール・プリティ( I Feel Pretty )」

主人公がデートで訪れる場所☺

【NYが舞台の映画】アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニングアイ・フィール・プリティは、ニューヨークに住む女性があることをきっかけに自分に自信が持てるようになり、そこからさまざまなことが好転してい...

コンクリートジャングルともいわれるニューヨークのマンハッタン。都会の喧騒に疲れたときに、ぜひ訪れてみてください😊

error: