MOVIE

【NYが舞台の映画】幸せのレシピ〜ロケ地・名言〜

NYが舞台の映画、「しあわせのレシピ」について書きます💕
原題は「No Reservations」です。


https://www.warnerbros.com/no-reservations

「しあわせのレシピ」の登場人物

ケイト

完璧主義者のシェフ
(キャサリン・セタ・ジョーンズ)

ニック

イタリアで修行してきたシェフ
(アーロン・エッカート)

ゾーイ

ケイトの姪っ子
(アビゲイル・ブレスリン)

「しあわせのレシピ」のストーリー

シェフのケイトは、料理に没頭する完璧主義者。

シングルマザーの妹と姪っ子ゾーイが遊びにくる道中で交通事故にあってしまう…。
ゾーイを引き取るが、母親の代わりを十分に努められず四苦八苦する。

そんな中、職場には、ニックという副料理長が新しく働き始めており、困惑する。

ケイトは、最初はニックを毛嫌いしていたが、ニックがゾーイとの距離を縮めてくれ、ゾーイとの関係も上手く行き始める。

「しあわせのレシピ」の名言

ケイトは、ボスからの依頼で通うセラピーで、セラピストに言います。

I wish there was a cookbook for life, you know? Recipes telling us exactly what to do.
[訳]何をすれば良いかを正確に教えてくれる、人生の料理本があったらいいのに。

そのあとにセラピストが言ったセリフが印象に残りました💕

It’s the recipes that you create yourself that are the best.

日本語字幕では、「幸せのレシピは君の中にある」となっていました。

英語を直訳すると、「君自身が創造したレシピが最高なんだよ」となります。

何が正しいか、料理本に書いてあるレシピにとらわれるのではなく、自分自身で創り上げたものこそが(あなたにとって)最高だ、というふうに受け取りました☺️💛

人と違うことをするときや、自分を見失いそうになったときに、思い出したい言葉です😌💞

「幸せのレシピ」の撮影地

ケイトが働くレストラン

実際にはレストランはありませんが、下記で撮影を行ったようです。
22 Bleecker Restaurant, 370 Bleecker Street and Charles Street, Manhattan.

ケイトの家

劇中では、レストランから徒歩圏内という設定ですが、実際に撮影された場所はブルックリンです。
8 Montague Terrace and Remsen Street, Brooklyn.

実は、映画を観ている間に「家はブルックリンのようだけど、徒歩でレストランにいけるの?」と思っていました(笑)

このエリアは、ブルックリンハイツというエリアで、私が住んでいたエリアです☺️
とても落ち着いているエリアで、とてもお気に入りの場所です💕

ゾーイの通う学校

チェルシーエリアです。
劇中では、親が送り迎えすることになっていますが、アメリカではスクールバスで通う子も多いです。
PS 11 William T Harris School, 320 West 21st Street and 8th Avenue, Manhattan.

「しあわせのレシピ」で感じたこと

NYで生きる女性は、やはり強いなあということ。

自立していることを好み、職場でも意見をはっきりと伝えるのは、アメリカで生きていく上で必須な気がします。
(劇中のケイトは、はっきりと伝えすぎるがゆえに、ボスからカウンセリングにいくよう言われていますが。)

そして、恋愛(男性)を優先しすぎず「キャリアを大切にしたい」思いがとても強いのも、私がNYで出会う女性に共通していると感じました。

どちらかを選ばなくてはいけないわけではなくて、キャリアは自分の一部として自分を信じて大切にし、恋愛は恋愛でたのしむのが上手だと思います💕

また、映画の設定ではあるものの、1人暮らしのシングルの女性が2LDKのマンションに住んでいることは日本ではなかなかないですよね。
(この映画でケイトは1人暮らしですが、ニューヨークでは、広めの部屋に住み、空き部屋を貸す人も多いです。)

完璧主義者でストイックなケイトが、ニックやゾーイとのふれあいを通して変わっていく様子がほっこりします☺️💛

女性とその姪、恋人の3人が仲睦まじく過ごす姿もとてもすてきです🧡

ぜひ、観てみてください💕💕

2+